Current country and language Japan | 日本語 . Press Enter, to change country and language

手荷物に関する制限

乗客、乗務員ならびに機体の安全のために、エチオピア航空では以下の品物を禁止または制限させていただきます。記載された品物については、機内手荷物または受託手荷物にお入れにならないようお願いいたします。お客様が旅行中に服用される必要な量の医薬品は例外とさせていただきます。

リチウム電池に関する制限

 

リチウム電池の運送の可否は、形状、および充電可能なワット時定格量(Wh) (充電式の場合)、リチウム含有量(LC)(使い捨ての場合)によって定められています。運送の可否については下表をご参照ください

下の表をご参照ください。 

ワット時定格量(Wh)
または (リチウム含有量)
形状持込手荷物受託手荷物運送者による許可
  

100Wh以下

(含有量2g以下) 
本体不要
予備可(無制限)不要
  100Whを超え、160Wh以下本体
予備可( 2個まで)不要
160Whを超えるものIATA危険物規則書(IATA Dangerous Goods Regulations)に基づき、貨物として輸送してください。

 

 アンペア数(Ah)で表記されているものをワット数(Wh)に変換するには、アンペア数 x 電圧にて算出いただけます。

予備電池の端子はショートを避けるために、購入時の梱包のままお持ちになるか、端子にテープを巻いていただくか、もしくは個別のプラスチックケースに入れてください。

•予備電池は受託手荷物としてはお預かりできません。

•ノートパソコン、デジタルカメラ、携帯電話など、バッテリーが本体に組み込まれているものを受託手荷物に入れる場合は、偶発的に電源が入ることがないような処置をされた上で、電源を切ってお預けください。

 

リチウム電池の一例
携帯電話、時計、充電器、MP3プレイヤーや多くのノートPCに使用されている小型のリチウム電池やセル。
最大ワット時定格量(Wh)が100Wh以下のもの。
ノートPCや音響・映像業務用として使用される、例えばより長寿命の中型もしくは大型のリチウム電池やセル、
電池。ワット時定格量が100Wh~160Wh以下のもの。
充電器:ワット時定格量が160Whを超えない充電器は2点まで機内にお持ちいただけます。
なお、160Whを超える場合は貨物としてのみ輸送いただけます。
リチウム電池を搭載した電動の乗り物、原動機付き車両(移動補助器具以外)
ならびにエアーウィール、ソロウィール、電動スケートボード、ホバーボード、ミニ・セグウェイ、
バランスウィールなどと呼ばれるものは、リチウム電池の有無にかかわらず持込手荷物、
受託手荷物のいずれとしてもお預かりできません。
;大型のリチウム電池やセルは主として工場などで使用されるものです。
ワット時定格量160Whを超える出力を持つ大型の充電式電池。電気自動車やハイブリッドカー、
移動補助器具やスクーターなどに用いられています。

 

Note: 予備のリチウム電池(本体に組み込まれていないもの)は、充電池を含め、受託手荷物ならびに旅客機上で貨物としてのお預かりはできません。

 

受託手荷物に関する規則

  • 航空貨物輸送において、人間の健康、安全または財産に多大な害を及ぼすおそれのある物品、物質を危険物といいます。
  • 安全上の理由により、IATAによる危険物規則書(IATA Dangerous Goods Regulations)に定められた下記の危険物は乗客の受託手荷物として、またはその内容物もしくは一部としての運送はできません。
    1. 警報装置を内蔵した、またはリチウム電池もしくは発火装置内蔵のブリーフケースやセキュリティタイプのアタッシェケース;
    2. 予備のリチウム電池
    3. 充電器
    4. Trionic ブリーフケース – 外観は通常のブリーフケース
    5. 催涙ガススプレー缶 – ライターや通常のスプレーのような外観
    6. ブタン、酸素、液体窒素、潜水タンクなどのガス類(可燃性、不燃性、深冷液化された、有毒性のもの)
    7. 腐食性物質 (酸、アルカリ、水銀やウェットバッテリー(湿式蓄電池)など)
    8. 病原体.
    9. 爆薬、軍用弾薬、花火と照明弾
    10. ライター、暖房燃料、マッチ、ペンキ、シンナー、着火剤など可燃性の液体および固体
    11. 晒し粉や過酸化物などの酸化物質
    12. 殺虫剤、除草剤や生菌などの毒物や伝染性物質
    13. 放射性物質
    14. 磁性物質、攻撃もしくは防御のために用いる物品などIATAによる危険物規則書に定められたその他の危険物

持込手荷物に関する規則

乗客の安全上、保安上の理由により、以下の品物は持込手荷物としてお持込みいただけません。お客様への迷惑を避けるため、これらの品物はお預けになるか、受託手荷物にお入れになれるようお勧めします。:

  • ナイフ(ハンティングナイフ、刀剣類とポケットナイフを含む)
  • 条例によって違法と判断されるはさみと他の鋭利な刃を持つ品物物(例えばアイスピック、爪切り)
  • 鞭、ヌンチャク、警棒やスタンガンなどの武器類
  • おもちゃの銃/銃の形をした品物やそっくりなもの、手錠
  • 野球やクリケットのバット、ゴルフクラブ、ホッケーのスティック、ビリヤードのキューなどのスポーツ用
  • 非防漏型蓄バッテリー付きの機器
  • 総量で2.0kg/リットル、1点につき0.5kg/リットルを超えない量のエアゾール(ヘアスプレー、香水、アルコールを含有している薬)
  • ベビーカー
  • 予備のリチウム電池(ワット時定格量が100Wh~160Whでリチウム含有量が2g~8gのもの2点まで)
  • 充電器(ワット時定格量が160Wh以下のもの2点まで)
  • 条例により保安上に危険を及ぼすと思われるその他のあらゆる品物
  • 上記の品物に類似した、または同様の機能を有するあらゆる品物

該当する品物は搭乗ゲートにて地方当局によって回収され、当局の条例や規則によってはお客様に返却されないこともあります。

 

持込手荷物の液体物とジェル

2007年6月1日発効の国際民間航空機関(ICAO)の指示により、容量100mlまでの液体、ジェル、ペースト、スプレーは、最大容量1リットル以下の透明で再封可能なビニール袋1個に入れていただく必要があります。透明なビニール袋の寸法は20×20cm(8インチ×8インチ)以内にしてください。液体量が100ml以下の場合でも、容量100mを超える容器はお持込みいただけません。すべての液体物は余裕を持って入れてください。保安検査場では透明な袋は他の荷物とは別にしてご提示ください。

ベビーフードと医薬品には制限はありませんが、機内に持ち込む医薬品について処方箋の提示が求められることがあります。

一般規則

海外へ渡航の際には、目的国における基本的な入国と保安に関する規則をウェブサイトなどであらかじめお調べになるようお勧めいたします。例えば、アメリカ合衆国へご旅行の際には こちらwww.tsa.govで詳細をお調べください。

© 2019 - Ethiopian Airlines サイトマップ 沪ICP备16054809号