SpecialAssistance.jpg

米国発着のお体の不自由なお客様に対するサービス

  1. 予約
  2. 事前通知
  3. 座席指定
  4. 空港でのお手伝い
  5. 機内でのお手伝い
  6. 車椅子対応サービス
  7. バッテリー
  8. よくあるご質問

エチオピア航空は安全、便利で快適なサービスを提供するために万全を期しております。ご旅行を検討中で障害をお持ちのお客様は、以下の情報をお役立てください。

ご注意:

本項目に記載のサービス内容は米国発着のエチオピア航空のフライトに限り適用されます。 別の航空会社を含むご旅行時は、会社ごとのポリシーや手配方法が異なる場合がありますので、直接、各航空会社にお確かめください。

  

予約

車椅子などの専用サービスは、予約時にリクエストいただくようお勧めいたします。お客様の障害の程度に関してはお尋ねしませんが、より詳しい情報をいただくことで、よりお客様のご要望に沿ったサービスの提供が可能になります。

お客様が障害のためにエチオピア航空ウェブサイトをご利用いただけない旨をお申し出いただければ、電話予約の場合でも通常の手数料なしでウェブ運賃の案内、提供をいたします。
  • お電話で
     
    ワシントン D.C: 1 800-445 2733 (聴覚に障害をお持ちのお客様は1-800-828-1120で電話リレーサービスをご利用の上、弊社予約センターまでご連絡ください。)

    アディスアベバ: +251-11-665-6666
  • オンライン www.ethiopianairlines.com

ご希望の方は、オンライン予約時に‘passenger information’(お客様情報)内のドロップダウンリストから該当する専用サービスの内容をお選びください。オンライン予約完了後でも、オンラインまたは弊社予約宛の電話にて追加サービスのご希望を承っております。

 

事前のお申し出

各サービスをご希望の方は、可能な限りお早めにご予約いただくようにお願いいたします。

  • 機内でエチオピア航空が用意する医療用酸素の使用を希望される方には、遅くとも出発72時間前までの事前のお申し出と1時間前までのチェックインをお願いしております。
     
  • 人口呼吸器、CPAP (持続気道圧装置)またはPOC(携帯用酸素濃縮器)の使用を希望される方は、遅くとも出発48時間前の事前のお申し出と1時間前までのチェックインをお願いしております。
     
  • 下記の場合、遅くとも出発48時間前までに事前にお申し出の上、1時間前までにチェックインいただく必要があります。
    • ストレッチャーをご利用の場合
    • 人口呼吸器、CPAP (持続気道圧装置)またはPOC(携帯用酸素濃縮器)などの器具を機内電源に接続して使用される場合。なお、機内電源の供給は不安定になる、または停止することもございますのでご了承ください。
    • バッテリーもしくは補助器具などの危険物に定められた安全な梱包が必要な場合
    • サービスアニマル、精神的サポートまたは精神科治療のためのサービスアニマルを客室内にお連れの場合
    • 視覚、聴覚のいずれにも重大な障害をお持ちでお手伝いが必要な場合
    • エチオピア航空の所持する機内用車椅子の利用を希望される場合
    • 乳幼児のための保育器をご利用の場合

搭乗橋の設備がない場合、搭乗用リフトなどの機材の利用が必要なお客様には通常の搭乗手続き時刻よりもさらに1時間前にお越しいただくようお願いしております。

下記の場合にも、事前にお申し出いただくようお願いしております。

  • 車椅子のお手伝いが必要な場合
  • 座席にお座りになる際のお手伝いを必要とされる場合
  • 専用座席の指定を希望される場合

機内でご使用のバッテリー駆動の呼吸用補助装置をお持ちの場合、搭乗便の予定飛行時間に応じたバッテリーの個数を確認させていただくため、遅くとも出発の48時間前までに弊社までご連絡ください。


 

座席指定

エチオピア航空では、障害をお持ちのお客様には、希望に応じてお座りいただきやすい座席をご用意いたします。なお、適切な座席がご案内できるか確認いたしますので、遅くとも出発の24時間前までにご連絡ください。

  •  バルクヘッド座席
    バルクヘッド席は通常、各客室の最前列に位置し、より広い足元スペースがございます。
     
  • 通路側のひじ掛が可動する座席
    通路側のひじ掛が可動する座席は、離着席がスムーズです。
  • お体の不自由な方用の座席 
    エチオピア航空では下記の基準を満たす方に座席を何席か用意しております。
  • 機内車椅子をご利用で、ひじ掛が上がらない座席への着席が困難な方
  • サービスアニマルをお連れの方
  • 足に固定具を装用された方
  • セーフティ・アシスタント(safety assistant)または身の回りのお世話をする介助人( personal care attendant)とご一緒の方

お体の不自由な方のための座席指定を希望される方は、遅くとも出発の24時間前までに旅行会社またはエチオピア航空予約センターまでご連絡ください。

ご注意: 機材の変更に伴い事前予約座席に変更が生じることがございます。その場合にはお客様にお座りいただきやすい座席を確保できるように尽力いたします。

空港でのお手伝い

エチオピア航空職員は、搭乗、降機、乗り継ぎ時に障害をお持ちの方のお手伝いをいたします。

乗り継ぎ時には必要に応じて搭乗ゲート間の移動のお手伝いをいたしますが、乗り継ぎ時間が長時間になる場合、その間を快適にお過ごしいただくためにも歩行困難なお客様にはご同行者をお連れになるようお勧めしております。

  • 事前搭乗
    エチオピア航空ではお体の不自由なお客様の事前搭乗を実施しております。必要な方は搭乗ゲートの係員にお申し出ください。
  • 搭乗
    乗降用のタラップをご利用いただけない場合は、エチオピア航空は必要な機材の準備などのお手伝いをいたします。
  • 機内車椅子
    エチオピア航空では機内の狭い通路でもご利用いただける車椅子をご用意しており、搭乗、降機、乗り継ぎ時にお手伝いをいたします。

機内でのお手伝い

  • 安全に関するご案内
    • 乗務員は障害をお持ちのお客様に対し、安全に関する案内を個別に実施します。
    • 機内安全ビデオには字幕がございます。
    • 点字の機内安全カードを用意しておりますのでご希望の方はお申し出ください。
  • 機内持込手荷物 収納棚
    エチオピア航空係員は、ご希望に応じて手荷物の出し入れや補助器具に関するお手伝いをいたします。
  • 機内車椅子
    • 客室スペースの関係で通常サイズの車椅子は機内ではご利用いただけません。
    • 客室に車椅子の保管場所が確保できない場合は貨物室にてお預かりいたします。
    • 米国発着のエチオピア航空機には洗面所の往復をされる際にご利用いただく機内用車椅子を搭載しております。客室乗務員はご移動のお手伝いはいたしますが、洗面所内でのお手伝いはいたしかねます。
  • その他サービス 
    • 客室乗務員は食事の品目の特定、お食事の切り分けや開封などのお手伝いをいたします。
    • 客室乗務員はお食事または個人の衛生面でのお手伝いに関しては禁止されております。また、お客様を抱える、運ぶなどの行為、注射などの医療行為もいたしかねます。さらに個人的なお手伝いを希望されるお客様は看護人とご一緒に旅行されることをお勧めします。

 車椅子専用サービス

  • 空港での車椅子
    エチオピア航空係員は、搭乗、降機、お乗り継ぎ時の搭乗ゲート間の移動時、車椅子のお手伝いをいたします。 

    ご用意できる車椅子の台数には限りがございますので、事前にリクエストされた搭乗券にその旨の記載があるお客様のお手伝いを、当日機内もしくは到着時にリクエストいただいたお客様より優先させていただきます。なお、車椅子のご利用を希望される方が大勢いらっしゃる場合には少しお待ちいただくこともございます。
  • 車椅子のお預け
    エチオピア航空では、折り畳み式、折り畳み不可、マニュアル、電動式などすべての種類の車椅子をお預かりいたします。

    ご自身がご利用になる車椅子は搭乗ゲートでお預けいただければ、到着ゲートにてお引渡しします。なお、降機時には飛行機になるべく近い場所で、ご利用いただける状態でのお引渡しを心がけておりますが、関連法令によりご希望に添えないこともございますので、あらかじめご了承ください。

    ご注意: 乗り継ぎ時間が短い場合、お客様ご自身の車椅子をご利用いただけないこともございます。その場合は航空会社が用意する車椅子をご利用いただくか、または時間に余裕のある乗継便へのご変更をお勧めします。

    車椅子をお預けの際には、弊社係員が適切に取り扱いできるように、ぜひ以下の内容についてご説明ください。 
    • 電動式の場合にはマニュアルモードに変換する方法や取り外し可能な部品を工具なしで取り外す方法。
    • 搭載されているバッテリーの種類をお知らせください。また、バッテリーを外す方法を車椅子本体に貼り付けてください。(バッテリーに関する次の項目を参照ください。)

  バッテリー

お客様の車椅子に搭載のバッテリーを危険物として確実に適切に取り扱うために、バッテリーの種類が防漏型か非防漏型か明記されていることをご確認ください。

  • 非防漏型(湿式) 
    湿式バッテリーは非防漏型とみなされ、空輸には特別な取り扱いが必要となります。エチオピア航空では適当とされる以下の手順で対応します。
     
    • 接続を外し、ショートを防ぐために端子を絶縁する。
    • バッテリーを取り外し、適切に梱包する。
  • 防漏型(乾式、ゲル式)
    乾式とゲル式のバッテリーは防漏型とみなされ、下記の手順で対応いたします。
    • 接続を外し、輸送中のショートを防ぐためすべての電極をテープで巻く。
    • 車椅子を直立した状態で搭載できない場合には、バッテリーを取り外し、適切に梱包する。

ご注意: エチオピア航空では破損または漏れのあるバッテリーは輸送できかねます。

客室内への補助器具類の優先収納

エチオピア航空では、通常のサイズの折り畳み式、または組み立て式の手動の車いす1台の収納用にクローゼットを優先スペースとして使用しております。クローゼットには、他の乗客または乗務員が持ち込む手荷物よりも車椅子およびその他の補助器具が優先的に収納されることを示した旨が分かりやすく掲示してあります。 クローゼットに収納可能な車椅子の寸法は、車輪がついた状態で13インチ×36インチ×42インチ以下で、それを超える場合には分解が必要です。

障害をお持ちで車椅子をご利用のお客様が事前搭乗される場合、同じ空港から搭乗する他の乗客または乗務員が持ち込む手荷物に優先して車椅子を収納いただけます。なお、機内持込手荷物に関しては、保安、安全ならびに危険物に関する政府の求める必要条件に適合している必要がございます。

エチオピア航空では車椅子を客室内に収納される方に事前搭乗をご案内しています。 

よくあるご質問

サービスアニマルと一緒の旅行はどう手配すればよいですか?

エチオピア航空では、障害のあるお客様の機内でのお手伝いを訓練されたサービスアニマルをお連れいただけます。精神的サポートのための犬は、以下の条件の通り、機内にお連れいただく医学的または治療的必要性を示す医師の証明がある場合のみお連れいただけます。

Ÿ   書面または身分証明書。当該の動物が障害を補助するための役割を十分に果たすように訓練されていることに関しての口頭による信頼できる証言。

非常口座席を除いて、サービスアニマルをお連れの方には座席の制限はありません。安全上の理由で、緊急時にサービスアニマルが非常口への通路を塞ぐ可能性を考慮し、サービスアニマルをお連れの乗客は非常口座席にはお座りいただけません。サービスアニマルをお連れで特定の座席をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

  診断書は必要ですか?

以下の場合を除き、障害をお持ちのお客様は通常、診断書をお持ちいただく必要はりません。:

Ÿ   ストレッチャーをご利用の場合

Ÿ   保育器をご利用の場合

Ÿ   医療用酸素の使用が必要な場合

Ÿ   他者の健康と安全を脅かす可能性のある伝染病や感染症の場合

Ÿ   飛行中に特別な医療補助が必要となる可能性のある病状の場合

最初のご出発から10日以内に発行の診断書をお持ちいただく必要があります。伝染病や感染症の場合は、搭乗される便の10日以内に発行の診断書が必要です。

伝染病や感染症の場合、診断書に予防措置を講じれば他者に感染しない旨の記載がなければなりません。さらに、エチオピア航空が病気や感染症の感染防止のために必要な条件や予防措置が明記されていなければなりません。

他のお客様の健康と安全を考慮の上でお客様のご希望に応えるべく尽力いたします。

  特別食の用意はできますか?

エチオピア航空では、ご出発24時間前までにリクエストいただければ、特別食のご提供が可能です。

 を持っていく必要がある場合はどうすればいいですか?

常に機内持込荷物にて薬を携行してください。(航空機には薬を保管する冷蔵庫はありませんので、ご注意ください。)

また、薬を注射する針を使用する場合は、医師の処方箋をお持ちになると保安検査の際に便利です。針の安全な処理については乗務員にお尋ねください。

医療用酸素の手配はどうすればよいですか?

遅くともご出発48時間前までにお申し出いただけば、有料で医療用酸素ボンベの提供が可能です。数に限りがありますので、航空券ご購入時のリクエストをお勧めします。チェックイン時に、酸素の必要性ならびに1分あたりの必要流量を確認するための診断書が必要です。(航空機に設置されている酸素マスクはこの目的にはご利用いただけません。)

米連邦航空局(FAA)の規則により、飛行中の個人用酸素ユニットの使用は禁止されています。

エチオピア航空は機内での使用に限り医療用酸素ボンベを提供します。したがって、ご出発時、ご到着時、または乗り継ぎ中に酸素が必要な場合には、ご自身で各地上での酸素供給の準備をいただく必要があります。

  個人的な医療機器を持ち込むことができますか?

機内で使用される人工呼吸器、ネブライザーなどの医療用または生命維持用の機器は、座席の下に収まるか、隣の座席に固定した状態で使用いただけます。隣の座席が必要な場合には該当する運賃で座席を購入いただく必要があります。

飛行中の医療機器の使用に際して、航空機の通信およびナビゲーションシステムを妨げないことを確認するため、また必要に応じて機内電源の接続を確保するための事前準備が必要です。

ほとんどの生命維持装置はバッテリー駆動です。乾式またはゲル式のバッテリーは機内でご使用いただけますが、湿式バッテリーに関してはご使用いただけません。

  付添人が必要ですか?

エチオピア航空ではエスコートや個人的な付添人の手配はいたしておりません。したがって、ストレッチャーを使用される場合や、個人的な身の回りのお手伝いを必要とされる場合は、必要に応じて介護人と同行しなければなりません。

  Compliant Resolution OfficialCRO・苦情解決担当者)

エチオピア航空では、障害のあるお客様からのご質問やご心配事に対応するため、アディスアベバ・ボレ国際空港とワシントン・ダレス空港にComplaints Resolution Officials (CRO ・苦情解決担当者)を配置しております。CROに連絡をご希望の方はエチオピア航空担当者までご連絡ください。


米国運輸省(>DOT)の本項目における規制に関する詳細は、次のリンクをご利用ください。


パート382(航空旅行における障害の根拠に関する非差別に関して)

  • 消費者は、次のいずれかの手段により、米国交通省のアクセス可能な形式で、この第 382 条のコピー、航空旅行の障害に基づく非差別に関する規定を入手することができます。

    • 米国内から、1-800-778-4838(声)または1-800-455-9880(TTY)の障害者向けフリーダイヤル通話を使用して電話で電話をかけた場合、
    • 202-366-2220(音声)または202-366-0511(TTY)の航空消費者保護課への電話
    • 航空消費者保護部、C-75、米国運輸省、1200ニュージャージーアベニュー、SE、西ビル、96-432室、ワシントンDC 20590、および
    • 航空消費者保護課のウェブサイト(http://airconsumer.ost.dot.gov)
PDFファイルをご覧いただくには「Adobe Acrobat Reader」が必要で すので、こちらから無料でダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Readerをダウンロードする

フライトの予約

  • Airplane Icon
  • To Airplane Icon
  • Promo Code