顧客サービス計画

  • 搭乗後に遅延が発生したフライトから降機を希望されるすべてのお客様には、以下の通り安全が確認できた時点で、航空会社の航空券に関するポリシーに準じた代替便の手配をいたします。

     
    • 搭乗機が降機場所に移動した後

    • o搭乗機からの降機に必要な手配が完了した場合

    • o機長がお客様の降機を許可した場合

  • 再搭乗を希望される場合は搭乗券をお持ちください。 

  • 弊社で手配した代替便への搭乗を希望されるお客様の受託手荷物については取り降ろさずに、そのまま最終目的地まで運送することもございます。なお、フライトがゲートまで戻り欠航となった場合には、空港の手荷物受取所にてお預けの手荷物をお受け取りいただけます。

  • 遅延の状況に応じて、エチオピア航空は食事と飲料水を含む飲物を提供いたします。

エチオピア航空搭乗後の大幅な遅延と緊急対応策

米国運輸省「Enhanced protection for airlines passenger regulations 航空旅客に対する保護強化に関する規則(14 CFR Part259)に準拠しエチオピア航空が運航するすべてのフライトで快適なサービス提供するべく万全を期しております

エチオピア航空搭乗後の大幅な遅延と緊急対応策(以後、エチオピア航空緊急対策、もしくは緊急対策とする)の項目では、米国運輸省(DOT)規則に準拠して、搭乗後の大幅な遅延発生時の対応の内容についてご案内いたします。

エチオピア航空のウェブサイトwww.ethiopianairlines.comでも内容を確認いただけます。

エチオピア航空では、すべてのお客様に安全で楽しいフライトをご体験いただくことを目標としております。運航に関わる不具合により搭乗後の遅延が長時間にわたる場合には、該当するエチオピア航空緊急対策が講じられます。主な長時間の遅延の原因としては、不可抗力によるもの(例えば悪天候、交通管制、航空管制(ATC)システムによるもの、政府による規制や空港建設計画)などがあげられます。また、航空会社の運航上の都合により遅延が予想されることもございます。状況に応じた対策を講じるために、エチオピア航空では以下の緊急対策を採用いたしました。

搭乗後の大幅な遅延時の緊急対応策

  1. この対応策の対象である米国内空港を発着するエチオピア航空のフライトでは、旅客を乗せたままでの航空機の滑走路待機時間は4時間以内とします。ただし、以下の場合を除きます。

    1. 安全上または保安上の理由により、航空機が待機場所を離れて搭乗者を降機させることができないと機長が判断した場合、

    2. または、機長が航空管制官から、搭乗者を降機させるためにゲートへ戻るか別の降機場所へ移動することが空港業務に重大な支障を来たすことになるとの報告を受けた場合 

  2. この対応策の対象となるすべてのフライトにおいて、滑走路での待機が続く場合、出発時は航空機がゲートを離れてから2時間以内、到着時は着陸してから2時間以内にエチオピア航空は適切な食事と飲料水を提供します。

  3. この対応策の対象となるすべてのフライトにおいて、滑走路での待機が続く場合、エチオピア航空は使用可能な洗面施設と必要に応じた十分な治療の提供を行います。 

  4. エチオピア航空は旅客に遅延の状況を30分おきにご案内します。また、その時点で判明している範囲内で遅延の原因もお伝えします。

  5. ゲートまたは別の降機場所で実際に降機できる場合には、エチオピア航空はご搭乗のお客様にその旨をお知らせします。 

  6. エチオピア航空はこの対応策を実施するための十分な資源を確保いたします。さらに、代替(ダイバート先の)空港を含む各空港当局、各ターミナル会社、米国税関、国境警備局 CBP)、運輸保安局 TSA)などの関係先との調整を実施いたします。

フライトの予約

  • Airplane Icon
  • To Airplane Icon
  • Promo Code